本文へスキップ

社会福祉法人 輪音のホームページ

TEL. 0565-33-8600
〒471-0067
愛知県豊田市栄生町3−24−2

法人概要CONCEPT

法人理念

輪音は  利用者のニーズに沿った活動を
     利用者と地域のつながりを 
     利用者が安心できるくらしを   大切にします


社会福祉法人 輪音(わおん)とは

CEO

 社会福祉法人輪音(わおん)は、知的障がい児・者及び心身障がい児・者が地域でいきいきと生活していけるよう願いを込めてつくられました。
 日中支援部には、就労継続支援事業、生活介護事業、放課後等デイサービス事業があり、生活支援部には、居宅介護事業、共同生活援助事業、相談支援事業、レスパイト事業があります。
 それぞれの事業のカラーや利用者ひとりひとりの声や音に耳を傾けながら、たくさんの音の輪を広げていきたいという思いが法人名に込められています。


法人沿革

2015年(平成27年)11月
生活支援部にて3件目のグループホーム「り〜ふ」を開所(豊田市長興寺)。
2014年(平成26年)4月
日中支援部にて「就労継続支援 風音」を開設。                    生活支援部にて、共同生活介護と共同生活援助の統合に伴い「ケアホームさきがけ」を共同生活介護事業から共同生活援助事業へと移行。
2014年(平成26年)3月
日中支援部にて「就労移行支援 風音」を廃止。
2013年(平成25年)10月
生活支援部にて2件目のケアホーム(現グループホーム)「はやぶさ」を開所(豊田市朝日町)。
2012年(平成24年)6月
「さくらの杜ヘルパーステーション」「生活支援サービスさら(「レスパイト事業さくらの杜」に改称)「福祉有償運送」「ケアホームさきがけ」「さくらの杜相談支援センター(相談支援ON」と統合)」を社会福祉法人輪音へ事業移行する。(社会福祉法人輪音とNPO法人さくらの杜が統合)。栄生町の拠点に「法人本部・日中支援部」、長興寺の拠点に「生活支援部」を設置した。
2012年(平成24年)4月
輪音にて「就労移行支援 風音」を開設。児童福祉法への移行に伴い「児童デイサービス 海音」を「放課後等デイサービス 海音」と改称。
2012年(平成24年)3月
輪音にて自立支援法移行に伴い「知的障がい者援護施設 風音」を廃止。
2011年(平成23年)4月
さくらの杜にて「ケアホームさきがけ」を開所。  
2009年(平成21年)4月
輪音にて「知的障がい者通所授産施設 風音」を「知的障がい者援護施設 風音」と改称。「生活介護 樹音」を開設。
2009年(平成21年)3月
輪音にて、自立支援法への移行に伴い「地域活動支援センター 水音」を廃止。「障がい児タイムケア 七音」を休止。       
2008年(平成20年)4月
輪音にて、「障がい児タイムケア 七音」を開設。
2007年(平成19年)4月
輪音にて「知的障がい者小規模通所授産施設 風音」を「知的障がい者通所授産施設 風音」と改称。
2006年(平成18年)10月
輪音にて「相談支援ON」を開設。「知的障がい者デイサービス 水音」を「地域活動支援センター 水音」と改称。
2006年(平成18年)3月
さくらの杜にて福祉有償運送を開始。
2006年(平成18年)1月
輪音にて「児童デイサービス 海音」を開設。
2005年(平成17年)6月
輪音にて「知的障がい者小規模通所授産施設 風音」「知的障がい者デイサービス 水音」を開設。       
2005年(平成17年)6月
社会福祉法人「輪音を設立。       
2002年(平成14年)10月
私的サービス「お泊りハウス」を開所(翌年「生活支援サービスさら」に名称変更)。
2002年(平成14年)10月
「ヘルパーステーション」を開所(翌年「さくらの杜ヘルパーステーション」に名称変更)。
2002年(平成14年)2月
特定非営利活動法人「さくらの杜を発足 (会員約70名)。
2001年(平成13年)
「重症心身障がい者の地域生活支援を考える会」を発足。
1989年(平成元年)
「つくしの会」自主保育を終了。勉強会や福祉施設の見学などの活動を継続。
1983年(昭和58年)
重症心身障がい児を持つ家族による自主保育つくしの会が始まる(さくらの杜の前身)。

バナ

社会福祉法人 輪音

【法人本部・日中支援部】
〒471-0067
愛知県豊田市栄生町3−24−2

TEL 0565-33-8600
FAX 0565-33-5573
mail eisei@s-waon.com

【生活支援部】
〒471-0879
愛知県豊田市長興寺10−36

TEL 0565-34-0737
FAX 0565-34-0738
mail chokoji@s-waon.com